愛猫まる&りこ との一コマや デジイチSONY α、NEXで撮った日々の写真の ほのぼの日記です♪
九死に一生
前記事からまたご無沙汰しております。
この間、りこが尿道結石の切開と腎盂炎のバイパス手術を受けました。
かかりつけ医の先生のところでは対処できない難しい手術の為、
近隣の大学病院に連絡をとっていただき、最短で予約の取れた獣医大を
受診し、緊急対応でその日に手術をしていただくことができました。
我々も本当に驚くばかりでしたが、りこは無事に家に戻ってきました。

171120-01
退院した日の夜、テーブルの下でお休みしている姿。
かかりつけ医の先生のところを含め8日間の病院生活となり、帰宅した日は玄関を開けると
鳴き声をあげ、キャリーからでてからも少し興奮ぎみに2時間近く、
部屋を時より鳴き声をあげて歩き回りました。
まるも玄関付近にきてくれていました。
今回も体に付いたアンモニア臭があるので、まるが威嚇するかと心配しましたが、
エリザベスカラーをしている りこが近づくと、逃げるようにしていたものの、威嚇がなく一安心。
抜糸できるまではエリザベスカラーを外せないので、どうしても何かにぶつかってしまうので
なるべく危険のないようクローゼットは入れないようにして、行動をみることにしました。
しばらくして落ち着くと、座布団やソファの上で休んでいました。

171120-04 171120-05
退院した翌日からはソファの上で休んでいる時間が長くなりました。
腹部の毛は広範囲に刈られていて、手術した傷跡はホチキスのような針が15カ所ほど。
オペ前にはパニックでエリザベスカラーを外して、固いカラーを噛み貫通させてしまい、
スタッフの人の手も噛んでケガ人がでてしまったと主治医から報告を受けました。
あのままでは生き延びることはできない危険な状態から、救急でオペをしてくださった先生方
に感謝と、りこも本当によく頑張ってくれてたんだと思うと言葉もありません。

171120-02
翌日にはこんな風に まるとそろって寝るようになりました。
カラーをしている為、カリカリを食べるのも水を飲むのも、ちょっと不便そうにも見えますが
ここは辛抱してもらうしかないですね。

171120-03
寒かった今日の風景。退院後、3日目には目力も戻った様子で、いつものように
我々からも俊敏に逃げたり、甘えてきたりしています。
でもベッドへは上がらず、座布団かソファで休んでくれていて、
危険なことはなかったと思われます。
明日の受診で問題なければ抜糸できるようです。
詳しい経緯も後で記録したいと思います。
スポンサーサイト
Posted by モチママ
comment:0   trackback:0
[RIKO
久しぶりに
最後のアップから1ヶ月以上も経ってしまいました
PCに向かっても調べものやら、ブログをみるのはスマホ…慌ただしく時間が過ぎてしまいました。
しばらくニャンズベッドに入らなかった2ニャンズ、冬用のこちらを置いてみたら
ようやく揃ってお休みするようになりました

171028-01

171028-02
相変わらず妹分気質の りっちゃん、まる姉に毛づくろいもしてもらっている様子。
変わらない光景はお日様の光と共に心も温かくしてくれます。
また台風が接近してますが、各地どうか被害がでませんように。
Posted by モチママ
comment:2   trackback:0
[まる&りこ
心穏やかに
台風の影響もあって肌寒いほどだった日曜日。

170918
ソファで横になる主人のそばに寄り添う りっちゃん。
土曜日に年に一度の予防接種で病院へ連れて行きました。
健康状態は良好で、体重は昨年の同じころは4キロを切っていたのですが
少し増えて4.14キロ。
メイちゃんを威嚇して怒りんぼさんだった時、怒りながら食欲が増していた日々。
あんなに別人格になってしまってたことが嘘のように穏やかに、まったりとしています。
先生にもメイメイちゃんのことを報告したのですが、先生いはく、
心臓に雑音もなかったし、健康状態もきわめて良好だっただけに、
もしかしたら、どこかから落ちた時に首の骨を折ってしまい、そのままだったかもしれない。
とのことでした。以前、先生のところであった事例だそうです。
これは憶測にすぎませんが…

私も時間の経過とともに気持ちが落ち着いてきたのですが、
今月に入り、実家の父のことで色々と考えなくてはいけないことがでてきました。
歳を重ねるというのは、単に老けていくことだけじゃない。と友人からの言葉が
ありましたが、いろいろと悩みも尽きません。 トホホ…
Posted by モチママ
comment:4   trackback:0
[RIKO
メイメイへ
久しぶりの晴れ間の週末、風は秋を感じるようになりましたね。
前記事でメイメイちゃんの嫁入りをご報告したのですが、
新しいご家族のお家へ行って丸2週間後の8月31日、メイメイちゃんが亡くなりました。
その日、奥様が午前中に買い物に出られて、昼過ぎに帰宅すると、
いつも寝いている場所とは違う場所に寝ていて、様子をみると、
すでに息がなかったそうです。突然死でした。
その日にご連絡をいただき、その時は信じられない気持ちのほうが大きくて
前日、当日の様子をお聞きしたのですが、メイメイちゃんにそんな兆候はなく。

新しいお家にも慣れるのが早かったメイメイちゃん。
その1週間前に、メイメイちゃんより少しだけ年下の♂の子猫さんを迎えられ、
初めのうちは威嚇もしたそうですが、♂猫ちゃんのほうからの威嚇はなく、
メイメイちゃんの威嚇もなくなって、新入り君のことがとても気になる様子と
亡くなる2日前にメールをいただいていました。
その日も、少し追っかけっこをしたり、少しずつ距離を縮めていたそうです。
電話を切って、すぐに主人に報告をするときに、現実を伝える瞬間から、
驚きと悲しみと、なんで…という気持ちがこみあげました。
お家にお迎えして数週間で、こんなことが起きて、ご家族の悲しみは
私が想像できるものではないと思いますが、
夜にはメイメイちゃんの旅立ちの準備をしてくれ、翌日、天に旅立ちました。
少し時間が経ち、奥様ともメールでお話をさせていただきましたが、
「悲しみはまだありますが、ようやく少し空虚さから脱出しつつあります。
きっと今頃虹の橋の向こうでお友達と楽しくしていることを願っています。」
とあり、少し安心しました。
メイメイちゃんと過ごせた時間は短くはありましたが、家族に幸せな時間を
くれて、本当に感謝していると…
私達も、感謝の気持ちを伝えました。
こんな形での報告になってしまい、とても残念で、とても悲しくて、
私もまだ涙がでてしまうこともありますが、
今もたくさんの愛に包まれている彼女を想い、心の中でずっと大切に思っています。
悲しみなんて似合わない、ひょうきんで愛くるしいメイちゃんだったからこそ、
温かい気持ちになって… ありがとう、メイメイ。
Posted by モチママ
 
[メイメイ
嫁入り
6月中旬から我が家にやってきた子猫さん。5月生まれなのでメイちゃんと呼んだり、
保護した日が上野のパンダ赤ちゃん誕生の日だったこともあってメイメイと呼んだり。
メイメイはすぐに家に慣れてくれたのですが、一ヶ月半を過ぎても
心配事もあったことから、7月末から里親さん探しを始めました。

170827
7月上旬の一コマ。
岩合さんの猫歩きを観てると、よくこんな風にテレビの猫ちゃんに反応していました

初めはお世話になっている動物病院と近隣のお店数店にチラシを貼ってもらいました。
そのあと、りこを保護した時にもお世話になった、猫の保護活動をされてるnekoronさん
アドバイスをいただき、ペットのおうちの里親募集サイトにも掲載。
ご指導いただいたとおりにアップすると、なんとその日の午後に1件お問合せが入りました。
翌日にも同サイトから1件。 案内をお願いした友人がFBにアップしてくれて、
同じく翌日、彼女の友人から9月にお見合い希望が入り、
そして最初のお問合せをくださった方とお話しを進めている最中に
チラシをみてくださった近隣の方からも里親希望の連絡をいただきました。
なんとか家で…という気持ちから里親さん探しを決断するまでに時間がかかってしまったし、
サイトには毎日何件もの募集掲載がアップされていて、こんなに早くお申し出があるなんて
本当に驚きました。
お問合せくださった方皆さん、とても誠実にメイメイへの里親希望をしてくださいました。
一番初めにお問合せくださった方とメールのやりとりの後、面会にきていただき、
この方なら安心してメイちゃんを託せる方と確信ができ、
お話しを進めさせていただきました。

170827-02
7月終わりごろ、月齢も3ヶ月になる頃で、ずいぶん大人っぽい表情になりました。
私がこの椅子でPCに向かっていると、ちょこんと後ろに乗ってきたり、
甘えん坊さんで懐こかったメイちゃん

170827-03
日中クローゼットへまるが避難している時に、よく まるベッドでも寝ていたね。

170827-01
まる、りこを追っかけては威嚇されてばかりの日々だったけど、
最後まで元気いっぱいに家の中を駆け回って、愛くるしい表情をみせてくれたね。
運命の糸に導かれるように、すぐにご家族が決まりました。
彼女の持って生まれた強い運が、このご縁を呼んだように思えてなりません。

170827-04
新しいご家族のお家へお届けの前夜、3匹揃った一瞬を撮りました。
ここ最近、この場所にも登れるようになって、
お休み中の りこのベッドに一緒に入ろうとして、猛烈に怒られたこともあったね。

nekoronさんがおっしゃっていた
『最終的にその仔にとって最高の「このご家族!!!待っ ていて良かった~!」と
感激するようなご家族からのお申し出が必ずあります。
どの仔もみんなそれぞれにとって最適なご家族に繋がる赤い糸を
しっかり握ってこの世に生まれてくるのでしょう。』というお言葉のとおり、
とても素敵なご家族とのご縁がありました。
お届けの日はキャリーに入る時から全く抵抗せず鳴くこともなく、あまる怖がる様子もなく
お家に着いて、ケージに入ってからも、比較的落ち着いた様子でした。
もしかしたら、運命の赤い糸がわかっていたのかもしれません。

丸2ヵ月、3匹でのドキドキ・ハラハラ、怒ったり、時にクスっと笑いがでたり、泣けてきたり…
ここまでを振り返って、ぐっとくるものがありましたが、
無事に新しいご家族のお宅へ嫁入りして、早一週間ちょっとが経ちました。
緊張しながらも、優しいママさんにすぐに甘えていているようだし、
幼稚園児の可愛いお嬢さんとパパさんにも可愛がってもらって、
少しずつお家にも慣れたようで、とても安心しました。
保護をしてから、相談や話をきいていただいた皆さん、気にかけてくださった皆さん、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです
メイメイの末永い幸せを願って★
おめでとう、メイメイ! そして2ヶ月の間、本当にありがとう!
Posted by モチママ
comment:5   trackback:0
[メイメイ
| HOME | next