愛猫まる&りこ との一コマや デジイチSONY α、NEXで撮った日々の写真の ほのぼの日記です♪
LIBERTY
昨年10月のロンドン旅の忘備録です。
歴史を感じる佇まいの老舗百貨店リバティは滞在中、何度か訪れました。

170430-01
外観も素敵

170430-12

170430
木の温もりが感じられるチューダー王朝風の建物、1875年創業。

170430-07 170430-06
日本でも人気のリバティプリントの商品も色々ありました。
各フロアに立ち寄って、色々気を引く商品があったものの、あまり時間もなく
買い物はしませんでしたが、吹き抜けの店内を眺めているだけでも楽しめました。

170430-09 170430-10
10月上旬、すでにクリスマス商品の展示も。

170430-02
最終日に再訪。ランチを兼ねて、店内のカフェでアフタヌーンティーをしました。
カジュアルな雰囲気で気兼ねなく入れて、アフタヌーンティーは一人19£ほど。
数種類のサンドウイッチ、スコーン、ピスタチオ、チョコレート、キャロット、タルトの
ミニケーキ、どれも予想以上のクオリティに大満足で完食
紅茶はアールグレイでした。
有名どころも気になったものの、予約がいっぱいのようでしたが、
こちらで十分楽しむことができました。
またゆっくりとアフタヌーンティーをしたい気分になります
スポンサーサイト
Posted by モチママ
comment:0   trackback:0
[
憩いの場
再び、昨年10月のロンドン旅の忘備録です。
5日目の最終日、夕方の集合時間までフリータイム。

170228-01
滞在したランカスターゲートホテル。
ケンジントンガーデンやハイドパークの近くにあり、
この日は朝からお天気もよく歩いて散策に行ってみました。

170228-03
奥の建物がケンジントン宮殿。現在はウイリアム王子ご家族がこちらにお住まいで、
以前は故ダイアナ妃も住まわていたことで知られています。
外観からの印象ですが、王室の方の住まいにしては地味なイメージでした。
手前はヴィクトリア女王の像、大英帝国全盛期を築き上げた女王が生まれ育った宮殿は、
王宮がバッキンガム宮殿に移るまでは、歴代の王の居住地だったそうです。

170228-04
池にはたくさんの水鳥達、餌をもらっていた様子。

とにかく広大な敷地、日曜日だったこともありマラソン大会も開催していたり、
愛犬とお散歩している地元の方の多いこと

170228-06 170228-07
170228-05
リードを外してもらって嬉しそうに駆け回るワンちゃんの軽やかな足取りを
眺めているだけても楽しくなります。
なじみのあるハーブや植物も観察できるし、
季節のよい時期にお弁当を持ってきて、一日ここでのんびりできたら最高だぁ~~。

ロンドン市内は至る所に公園や緑があって、野生のリスにも遭遇しました。
可愛い姿を撮りたかったけど、ボケボケでした
大都市でありながら今も緑あふれる街並みを維持しているロンドン、
魅力的なスポットが目白押しです
Posted by モチママ
comment:0   trackback:0
[
セントパンクラス駅
ロンドン旅日記の続きです。
ライへ行く電車の発着場所だったセントパンクラス駅。
この駅はロンドンのターミナル駅になります。
日帰り観光の帰りに、親切なガイドさんが駅舎を案内してくれました。

161130-03
レンガ造りの歴史のある駅舎、時計塔もある見事な建物は圧巻でした。
朝は地下鉄で移動して外に出なかったので、こんな素晴らしい駅だったことに驚きました。

161130-04 161130-05
ユーロスターの発着駅、パリへ2時間半だなんて、うらやましい~~
早足での案内でしたが、駅舎内にお店も沢山あり、じっくりと見て歩きたくなりました。

この駅、ハリーポッターファンの方に必見の場所なんですね

161130-01
私、1作目しかみてないのですが
魔法学校に行く時に登場する 9と3/4のプラットフォームが撮影スポットになっています。
観光客の長蛇の列、貸出のマフラーを巻いてジャンプ、大人も子供も楽しそう~~
先週の放送を録画したので、これからみてみようと思います
Posted by モチママ
comment:2   trackback:0
[
中世の港町 RYE
先月から慌ただしく時間が過ぎてしまいましたが、再び旅日記をアップします。
ロンドンの旅では一日、オプションツアーに申し込んでロンドンから電車で1時間半ほどの
イギリス南東部にある小さな田舎町、ライを訪れました。
一度乗換をして、電車の中から放牧の羊さんや広大な景色を眺めて、あっという間に到着。

161119-01
ランドゲート 14世紀、フランスからの攻撃から街を守るために造られた門。
14世紀から港町として栄えたライ、現在は海岸線が後退して海には面していません。
当時は密貿易も盛んで、とても繁栄していた都市だったそうです。

161119-02
こんな砲台も展示されてました。

161119-08 161119-06
街のシンボルでもあるセントメアリー教会にはイギリスの教会で使われているものとしては
最古の時計があり、今も時を刻んでいます。

161119-10
静寂な教会の中で振り子の音がゆっくりと聞こえてきました。
狭くて急な階段を上り、展望台へ。

161119-04
小さなライの街並みを一望できます。レンガの屋根、田舎町の雰囲気がとっても素敵

161119-03

rye01
石畳の街並みを歩くと、ライ・ポタリーの陶器の かわいい表札が目につきます。

161119-07 161119-05
左・クラシカルな英国紳士のおじさまを思わずパチリ
右・フィギュアの商品を扱っているお店のご主人、とても紳士的な方でした。
主人はネルソン提督のフィギュアを購入。

161119-09
ランチにいただいたシーフード盛り合わせ。海の近くだけあって、どれも美味しかったです!
この日、このツアーの参加者は我々2人だけで、
ベテランガイドさんがとても親切に案内してくれました。
近くに歴史あるホテルで英国料理の食事をできる場所があったのですが、
3人でシェアしながらいただいたシーフードの味がとても想い出に残りました

161119-11
ビンテージ雑貨のお店も沢山あって、色々案内してもらいました。
こじんまりとした街は歩いてまわることができ、平日だったこともあって観光客も少なめで、
のんびりとライの街並みを散策することができました。
Posted by モチママ
comment:2   trackback:0
[
親子旅
今週は母、姉二人と日光へ行ってきました。
初日は東照宮を参拝。

151031-02
今年は400年の節目にあたる式年大祭の年、外国人観光客も多くみかけました。
平成の大修理が行われている陽明門は2年後に修復が終わるそうです。

151031-01
お天気もよく参道を歩くと、とても清々しい気分になりました。

151031
東照宮から車で5分ほどの場所にある ホテル奥の院に宿泊。
露天風呂付きのお部屋で、温泉に入りゆったりとした時を過ごしました。
一部真っ赤に色づいた紅葉もみることができました
食事もすごく美味しかったし、温泉好きの母も喜んでくれたようです

翌日は遅めのチェックアウトの時間まで姉と二人、寂光の滝へ行ってみることにしました。
ゆるい登り坂の道を歩くこと30分、少し汗ばむほどの晴天
こちらの滝は日光を訪れた弘法大師が修行をされたそうです。
人気のない山道を下り、滝のすぐ近くまで行ってみました。

151031-04
マイナスイオンを浴びて、とっても気持ちがいい場所。
きているのは姉と私だけ、かなり穴場スポットのようです。

151031-05
すごくいい気をもらったような気分。

151031-06
二日目訪れた、神橋の眺め。
まだまだ元気と思っている親も、確実に老いてきていますが、
来年もまた一緒に旅行ができるといいです。
Posted by モチママ
comment:2   trackback:0
[
| HOME | next