愛猫まる&りこ との一コマや デジイチSONY α、NEXで撮った日々の写真の ほのぼの日記です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by モチママ
 
[スポンサー広告
一カ月経ちました
7月も今日で終わり。
我が家のニャンズは暑い中、早朝から全力疾走して(まぁ、りこが まるにちょっかいだすんですけど)
それが落ち着くと午前中からこんな風にマタリとしています。

120731-01
相変わらず、仕掛けられると まるは「やめてよ」風な鳴き声をあげてるけど
付かず離れず、いい距離間なのかな

120731-05 120731-04
猫は暑さに強いと聞いたけど、実際はどうなんだろう?

120731-03
手脚、胴が細長い りっちゃん。細い脚でかけっこも早いし、まるにキックも連打しているねっ。

120731-09
120731-06 120731-07 120731-08
お姉さんの行動をチェックしながら、その時々、家の中で居心地の良い場所も見つけている様子。

朝方、ツンと顔を触れれて目が覚めると、りこが大接近!や
夜中に寝ている私の脇のあたりに 急にもたれかかってきたり!と驚かされることもあるけど
それは気を許してくれてきたってことですよね! そう思うと突然起こされてもニンマリしちゃいます

120731-02
りこが我が家にきて一か月ちょっと。 皆、元気に夏を乗り切ろうね
今夜は寝苦しくないといいなぁ… では、おやすみなさい。
スポンサーサイト
Posted by モチママ
comment:7   trackback:0
[まる&りこ
東京スカイツリー
120725-01
棚ぼたでチケットが回ってきて、昨日 東京スカイツリーへ行ってきました。
夏休みということもあり、10時ですでに来場者多し。
曇りがちなお天気だったので展望デッキからの眺めは、東京タワーや新宿高層ビルが少しもやって
いましたが、地上350メートルから一望できる東京をしばし見物してきました。
夜景も格別美しいでしょうね~
さらに上450メートルの展望回廊へはプラス1000円で行け、この日は30分待ちのようでした。

120725-04 120725-05 120725-03

40人乗りのエレベーターは4基で、内装は四季を表現しているそうです。
行きのエレベーターは「夏」
花火を表現している江戸切子の装飾
120725-02
50秒とあっという間に展望デッキに到着ですが、エレベーター内が暗くなり輝きを増し、
とっても美しかったです
帰りは「秋」のエレベーターで、こちらは全く装いも異なり落ち着いた印象でした。

少し覗いた東京ソラマチにはお土産物屋さんから衣料品、雑貨、フードフロアと
回りきれないほど沢山お店があって、こちらも楽しめます。
東京の新名所、しばらく混雑が続くんでしょうね…

・追記・
そういえば、展望台の案内係の女性達がきていた可愛いワンピース、色やデザインがもしかして…
と思ったら、やはりあの方でした
Posted by モチママ
comment:6   trackback:0
[おでかけ・お散歩
枝元なほみさん料理イベント
だいぶ時間が経ってしまいましたが 先月行われたジャパンハーブソサエティ東京支部主催
料理研究家 枝元なほみさんのお料理イベントに行ってきました。
「初夏から夏のハーブ料理」ということで、枝元さんご自身による
デモンストレーション&試食会でした。

edamon
「えだもん」こと枝元なほみさん。
とっても気さくで楽しいトークの中、終始笑顔で手早くお料理を作られていました。
下ごしらえ中の食材を手に取りながら「これだけでも美味しいよね~」と楽しく
お話されている姿をみているだけで、こちらも気持ちがワクワクしちゃいました。

<試食したお料理>
120722-02120722-03120722-04120722-05
・ヒヨコ豆のペースト、バジルペーストのポテトサラダ  ・レモンソルトのトマトサラダ
・豚肉のハーブマリネ・グリル~焼きトマト添え     ・スパイスソルトのシーフードフライ

スクールでも教わったバジルペーストは、にんにくを皮ごとトースターで焼いてから潰して使い、
にんにくがマイルドで深みがでるとのこと、プロの技も伝授していただきました。
バジルをミキサーにかけずに、包丁で刻むのも楽しい時間とおっしゃっていました。
お肉には完熟トマトを丸ごと一緒に焼いてソース代わりに添えたり、さすがです
ハーブソルトを使ったサラダやフライは、暑い時期にぴったりなメニュー。
写真のメニュー以外にも、スープ、ご飯、サングリア、デザートと試食も予想外に沢山いただき
満腹状態に

「ハーブってあってもなくてもよいけど、あるとすっごく幸せなもの」と
笑顔でお話される枝元さん、お料理はもちろん、そのお人柄が素敵です
枝元さん率いる「チームむかご」では、東日本大震災で被災した方々への支援活動の 
にこまるクッキーの販売も行っています。(詳細はサイトをご覧ください)

えだもんさんに教わったレシピの中で、私の一番のお気に入りだった「ガパオ」を作ってみました。
私、初めて食べるメニューでしたが、タイ料理ではメジャーなんですね。
120722-01
鶏挽肉、パプリカ、エリンギ、玉ねぎなどの野菜をオイスターソース、ナンプラー、酒、
豆板醤で炒め、最後にたっぷりバジルを入れて炒め合わせで出来上がり。
濃いめの味付けでご飯がすすみます。夏におススメのご飯メニューです
Posted by モチママ
comment:2   trackback:0
[ハーブ
一歩ずつ 一歩ずつ
旅日記のアップも終わったところで、最近の りこの様子を…
120721-02
まだ近づこうとするとスルリと逃げていってしまうのですが、家の生活にはかなり慣れて
くれた様子で、カメラ目線でパチリ。ちとビックリ顔かしら

120721-01
この時は まると追いかけっこをして走って疲れたのか? 椅子の上で休憩。

120721-06 120721-05
家にきてから りこの寝姿をみたことがなかったのですが、
最近ようやくこうして見えるところでもお休みしてくれます。
まるお姉さんにちょっかいをだしては、パンチを食らって逃げられちゃうけど、それでも りこは
まるの後を追いかけます

120721-03
昨夜は我々の布団の上にやってきて、毛繕いを。
こんなに小さくても、ちゃ~んと綺麗にするんですね

120721-04
まだまだ体は小さいけれど急成長の りっちゃん。
来週はワクチンを打ちに行こうね
Posted by モチママ
comment:4   trackback:0
[RIKO
みちのくの旅 その3
2日目は中尊寺へ。
中尊寺01

中尊寺02 中尊寺03
奥州藤原氏初代清衡により造営され、藤原氏滅亡後、度重なる火災によって、多くの堂塔が焼失したが、
金色堂だけが創建当初のまま残り、その堂内には藤原氏四代のご遺体が納置されています。

金色堂
金色堂新覆堂
金色堂は正しく堂全体を金箔で覆い、皆金色の極楽浄土を現世に表しています。
螺鈿細工の緻密な装飾が施されています。
平安時代から残されているこの世界的芸術品を、
これから先の後世にもずっと残していってほしいと思いました。

竹林

弁慶 芭蕉02 中尊寺08
左・武蔵坊弁慶の墓  中・松尾芭蕉像

中尊寺05
境内からみた平泉の田園風景
本堂、金色堂へと進む参道は神聖な空気に満ちており、とても気持ちよかったです。
中尊寺がこの旅で一番印象に残った場所です

続いて、高館義経堂へ。
義経堂01 義経堂02 義経堂03
義経最期の地と言われており、小高い丘の上からは北上川の景観が広がっています。

義経堂04

義経堂05

義経堂からバスで一駅の、無量光院跡へ。
無量光院跡
三代秀衡が、京都・宇治平等院鳳凰堂を模して建立した寺院は、平泉の衰退と同時に廃れ、
現在はそのお目陰は全くなく跡地となっています。

ランチ あんみつ
左・ランチでいただいた前沢牛バンバーグ   右・清衡椀を使ったクリームあんみつ

お天気に恵まれ、自然を満喫し、いにしえの情景を感じることができた旅でした
Posted by モチママ
comment:2   trackback:0
[
みちのくの旅 その2
平泉に移動し、毛越寺へ。
平安時代に東北の地に一代王朝を築いた奥州藤原氏二代目・基衡により再興されたお寺です。
昨年、世界遺産に登録された平泉の文化遺産の一つでもあります。

毛越寺05

樹木01 境内

毛越寺02

毛越寺04
大泉ヶ池を中心とした浄土庭園は、平安時代の庭園をほぼ完全な状態で残しているそうです。
吉永小百合さんのJRのポスターにも登場していますね。

毛越寺03
その落ち着いたたたずまいは、みる物の心を清らかにしてくれるような庭園です

毛越寺01 ayame02 ayame01
境内の あやめが見頃をむかえていました。

2日目へつづく。
Posted by モチママ
comment:0   trackback:0
[
みちのくの旅 その1
しばらく まる&りこちゃんネタから離れ、旅日記が続きます
今年は主人のリクエストで、平泉へ行ってきました。
1日目は平泉に行く前に一ノ関駅から大船渡線に乗り換え、舟下りが楽しめる猊鼻渓へ。

げいび渓01
日本百景にも選ばれた猊鼻渓では、高さ100mを越す断崖絶壁がそそり立つ渓谷を、
船頭さんが棹一本で船を操り、風と川の音しかない安らぎの世界へ。

舟下り02 船頭さん
左・対向からやってくる舟
右・我々の乗った舟の船頭さんは、金さん銀さんが訪れた際も案内人をされた看板部長さんでした。
この川では古来より砂鉄が採れ、その砂鉄で刀等を作っていたそうです。

舟下り04
日差しも出て暑くなりましたが、舟では静寂な心地よい風が吹き、森林浴のおかげもあり
涼しく、とても気持ちよかったです。小鳥のさえずりや風のざわめき、日常とは別世界の
光景が広がっています
鯉や色々な魚が沢山いて、鯉用の餌も売っていました。

夫婦岩 鼻水岩
左・左右の岩が夫婦岩になっており、向かって左側は女性の横顔に見えます
右・獅子ヶ鼻 鼻の形をしていて、猊鼻渓の名前の由来になっています

いのしし
往路、船着場で一度降りて歩き進むと、大猊鼻岩があります。
この岩はイノシシの姿に見え、涙を流しているように見える目の穴に運玉の石を投げて
運試しができます。

石
運玉5個100円、7種類あったようです。私も一つ投げてみたけど、全く届かず。
主人は2つ成功

石投げ あじさい 岩

復路も船頭さんのダジャレトークやずばらしい歌を聴きながら、1時間半の舟下りを満喫しました。

渓流

あゆ そば
渓流で釣れた、あゆを塩焼きでいただけます。むちゃ旨かった
お昼は手打ちそばをいただきました。

この後、平泉へ向かいました。つづく…
Posted by モチママ
comment:0   trackback:0
[
微妙な距離
昨日、先生のところから帰ってきた、りこちゃん。
帰宅後すぐにテレビ台の中へ隠れるも、匂いを思い出したのか?すぐに部屋の中を
駆け回って元気な姿をみせてくれました。
そして、まるお姉さんの後をストーカーのようにおっかけるのですが、その想いは
なかなか通じないみたいで、しつこくするとパンチがきます。
特に、揺れるまるのしっぽが気になって、後ろからちょっかいだすことが多く
これには、まるも怒ります。

今朝の まる との距離は…
120711-01
まるは、このくらいの距離感がいいのかな?

120711-02 120711-03
りこちゃん、また大きくなったようです。歩く姿も堂々としてますが、
人間が近づくと、慌てて逃げてしまいます。

120711-04 120711-05
まるお姉さんに「クローゼットは私の休憩場なのよ」と言われても、
その後、りこが入っていくので、まるは外でお休み
まるお姉さん、優しいね

マル改め、「まる」と書くことにしました。
Posted by モチママ
comment:5   trackback:0
[まる&りこ
出逢い
日に日に家の中を駆け回り、元気に成長している子猫ちゃん。
ちょっと長くなります。

120707-07
テレビ台の引き出しを開けると…この狭い場所がお気に入りの様子

120707-03 120707-04
人間はまだ怖いようで近づくと逃げてしまいますが、マルのことが気になるらしく
お姉さんの後を追っかけたり、逆に追っかけられたり、マルの威嚇も収まり、
少しずつ距離が縮まっている気がしています
数日前、子猫ちゃんがマルに接近して鼻をツンとつけ合せるシーンを目撃!
マルのほうが戸惑いがちに逃げてしまうのですが、子猫ちゃんはマルが大好きみたいで
猛烈アピールすることも…

120707-05 120707-06
アピールその1、その2
120707-08
アピールその3
このしぐさには、カメラ越しに笑いが出ちゃいました。動きもコミカルでお笑い担当かな

管理人のおじさんの話では、保護した前夜から猫の鳴き声がしていたという住人の方がいるとのことで
管理会社の方が防犯カメラのチェックをしてくださりました。
21日の夜9時ごろ、マンション前の通りで車にひかれそうになった姿が映っていたそうですが、
その車に引かれてはいないとのことで、その後、マンションの水道場入り口ドアの狭い隙間から
自ら入ってきたところも映っていたそうです。
その後、水道場で力尽きて動けなくなってしまったんだと思われます。
その翌日出逢いがあったわけで、やっぱりこの仔はご縁がある仔なんだ!と改めて確信しました。

心配したマルとの距離も少~しずつ縮まっているので、一安心。
正式に我が家の家族となりました。
名前は「りこ」です。家にきてからトイレも教えなくてもすぐにできたし、ご飯も沢山食べて
あんなすごい怪我をしたのに元気に回復し、おりこうさんな仔。「マルお姉ちゃんの言うことをきいて、
おりこうさんに大きくなるんだよ」という願いも込めて「りこ」ちゃんに決めました。

120707-01 120707-02
まだ人間が怖いので、抱っこも少しだけ。これから皆で仲良くしようね

家の生活に少しずつ慣れたところで心苦しかったのですが、明日から一泊旅行を計画しており、
りこは先生のところで預かっていただくことにしました
傷もふさがり抜糸してもらい、体重は950グラムになりました。
2週間で約倍の大きさに成長しました
せっかく慣れてきたところなのに、ホントにごめんね。帰ってきたら、すぐに迎えに行きます。
Posted by モチママ
comment:6   trackback:0
[RIKO
じゃれる子猫ちゃん


主人=遊ぶ係、私=動画撮影、ニモジさん=カメラ撮影
初めてのおもちゃで遊ぶ子猫ちゃん。
画像が横になってしまいましたが、記念にアップします。
子猫って本当にエネルギッシュで動きが速くって、こちらが先にへばり気味です^^;
Posted by モチママ
comment:2   trackback:0
[RIKO
順調に回復
子猫ちゃんが我が家にやってきて、昨日で一週間が経ちました。
昨日は検診で病院へ。先生の第一声は「大きくなったね」でした。
体重は一週間で300グラム増え、800グラムに
傷口の抜糸はあと一週間様子をみてからになりました。 ここまでは順調にきているようです。

土曜日、ニモジさんが子猫の様子をみに来てくれました。
ニモジ家には推定16歳になる母さん猫と、母さんの子供達が4匹。
保護された母さんは体力的に避妊手術に耐えられない事情があり、
これまで生まれた子猫ちゃん達は新しい家族のもとへ旅立っています。

この日、テレビ台の中に隠れてご飯もトイレもしない子猫ちゃんだったのですが
ニモジさんのアドバイスでケージに入れてみると、すぐにトイレ、続いてご飯を食べました。
ご飯を食べると、テレビ台の下に隠れてしまったのですが、
ニモジさんいはく「子猫のうちは遊びたくてしょうがないからね」と猫じゃらしで誘ってみると
すぐに喰いついてきました。その反応の良いこと
写真も撮っていただきました
ニモジさんブログ、6月28日に母さんの子猫一覧、7月2日に この日の子猫ちゃんが載ってます。)

120703-07
ニモジさんのアドバイスで、私の膝にのせて、
首下やお尻のあたりを撫でてスキンシップをとりました。

120703-06
猫じゃらしで狩りをしている様子

120703-01 120703-02 120703-03
遊んだ後は、狭い場所に入って、警戒した様子でしたが、途中から

皆様見守っていただき、ありがとうございます。
今も、風邪で右目が少し涙目になっていますが、薬を飲ませ、回復を待ちます。

さて、心配していたマルとの様子はというと…
子猫ちゃんが元気になり、部屋の中を駆け回ったり、自分が使っているキャットタワーを
陣取ったりされ、その様子を見ては威嚇にいくのですが、子猫ちゃんは無反応?な対応。
怖いもの知らずなのでしょうか? それともマルの威嚇は優しいのかな?
マルも少しずつ威嚇する回数が少なくなり、直接対面する機会もしばしば。
私は目撃できなかったのですが昨日は、子猫ちゃんに一発猫パンチをしたそうです。
しかし、子猫の動きは高速ですね。夜になると、ちょこちょこと走り回る姿が
コミカルで笑ってしまいます。

120703-04 120703-05
パンチしようとしても子猫の逃げ足は速く、マルが入れないスペースに逃げ込みます。

そして、今日の午前中、マルと子猫ちゃん大接近の後、
一瞬ですが鼻をつんとつけ合せる瞬間を目撃しました!
すぐに離れてしまったけれど、マルが少しずつ子猫を受け入れてくれている気がします

120703-08
マル、お姉さんだね~。偉いぞ 子猫ちゃんをよろしくね。
Posted by モチママ
comment:2   trackback:0
[RIKO
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。